資源ゴミは生まれ変わる

資源ゴミは回収した後、何にリサイクルされるのか

資源ゴミはリサイクルされて新たな品に生まれ変わっていく

ではまず最初に、たくさんあるゴミ類の中で、一体どういったものが資源ゴミというものに振り分けられていくのかについてお書きしたいと思います。 一口に資源ゴミと言っても、どれとどれがそれに当てはまるのかがあまりピンと来ていないという方も少なからずいらっしゃると思います。

links

資源ゴミにされるものはなんだろう?

生活をしていくと、どうしても発生してしまうのが、ゴミ類です。
燃えるものや燃えないもの、粗大ゴミや中にはプロの手を借りないと処理できないゴミも存在しています。

その中でもここ数年で頻繁にTVや雑誌、ネットで取り上げられたり、日常生活でもよく名前を聞くようになってきたとあるゴミの種類は一体何だと思いますか?
その答えは、「資源ゴミ」です。
いろんなところで、「資源ゴミはエコになる」とか「資源ゴミは結構役に立つ」という主張や見解が流されています。
そこで一番の特色として言われているのが、「資源ゴミはリサイクルされていく」といったことです。

でも、いざリサイクルと言っても何が何にリサイクルされていくのかや、そもそも資源ゴミとされるゴミはどんなのがあるのか、どうやって回収されているのかがよくわからないとか知らないという方も少なからずいらっしゃると思います。

そこで今回は、一体どんなものが資源ゴミに分類されているのかやどこで回収されているのか、そしていざリサイクルされて何に変わるのかについてほんの少しですがお話したいと思います。
正直な話、これはかなり大事なことです。
前出のようにエコになり、私たちの生活にも関わっていきます。
「今までこのことを全く知らなかった」とか「あまり気にかけてなかった」という方も、これを機に資源ゴミの処理について少し変えてみて、そしてリサイクルにも真剣に考えてみてはいかがでしょうか?
きっといつか、私たちの未来にも大きな影響を表すでしょう。

回収の手段はどうなっているのか

では、そんな資源ゴミの回収は一体どんな感じなのでしょうか。 次のコラムでは、それを少しずつですが紐解いていこうと思います。 資源ゴミと言われくらいだから、結構大ごとなんだろうと想像されている方もいらっしゃるでしょう。 けど実は、皆さんが思っているよりも、はるかに簡単なことなんじゃないですかね。

リサイクルされて何に変わる?

最後になりましたが、リサイクルされた資源ゴミの行方をお書きしたいと思います。 このような流れを経てリサイクルされていった数々の資源ゴミたちは、どんなものに最終的に変わっていくのでしょうか。 そして、どんなものとしてまた私たちの前に現れてくるかを見ていきましょう。

TOPへ戻る