>

お家でできる勉強方法

小学校までに獲得しておくと助かること。

学習といっても色々なものがあることがわかりました。
では、将来(小学校以降)必要となる物は、いったい何でしょうか?
それは、「落ち着いて着席していられる」事と「話を聞くことができる」事、「自分の頭で考えられて」つまづいても起き上がることこそ人間力ではないでしょうか。
これらが幼少期に獲得できている子は自分の興味のあることをどんどん吸収していきますので、スムーズに小学校生活になじむことが可能になります。
たとえその時の学力がさほど高くなくとも、そのあとに待ち受ける人生のほとんどの時間がとても有意義な時間となることが想像できるのではないでしょうか?
筆者の子どもにもぜひ修得してもらいたい能力だなと思っております。

まとめ

筆者としては、教科書で教わることが完璧でも人を思いやることのできない、想像力の乏しい人に合わせることのできない人間よりも、臨機応変にどこに行っても生きていける人間に育ってほしいと思っていましたので、頭のいい子よりも賢い子が、大人になってからあまり苦労せずに生活できる大人に育つのではないだろうかと筆者は考えます。
人それぞれの考え方の違いがありますが、それが頭の良さにもつながるということがわかりましたので未就学児の期間に学ぶことの面白さ、他者との協調性をしっかり身に着け、自分に自信をもったポジティブな考え方のできる人間に育てられた時、本当の学力が付くのではないかと。
できる事ならばこのような知識のある大人に私も育てなおしていただきたいと心から思いました。


この記事をシェアする