資源ゴミは生まれ変わる

資源ゴミは回収した後、何にリサイクルされるのか

回収の手段はどうなっているのか

家庭での出し方

まずは、家庭で資源ゴミを出す場合のケースをお話したいと思います。

資源ゴミと呼ばれるものの中には、ペットボトル類や牛乳パックなど家庭でも日常的に発生するゴミが大半を含めています。
それらを他のゴミ類と同様に捨てるということが可能です。
ですが、燃えるゴミや燃えないゴミとざっくりと分けるのではなく、事細かに分別していくのをお忘れなく。

そして、最低限のマナーはきちんと守っておきましょう。
例えば、ペットボトルをゴミとして出すときは、ラベルをはがしたりキャップとは別にするということをしておくということです。
これも立派な分別です。
その他にも、古新聞紙はちゃんとこぼれないようにひもでくくる、缶や瓶類はきれいに洗ってから出すなど本当に当たり前のことをしておきましょう。

こんなところでも出来ます

それ以外にも、実はこんな場所でも資源ゴミの回収が出来るようになっています。

その場所とは、リサイクル用のBOXです。
日本にあるほとんどのスーパーマーケットやホームセンターで設置しているので、おそらく一度は目にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。
このBOXのメリットは、買い物ついでに気軽に資源ゴミをポイっと捨てられるということです。
なので、このサービスを利用している方は全国で非常に多いです。

また、定期的に行われている地域の廃品回収に出すというのも一つの手です。
この場合は、大量にある資源ゴミをあっさり持ち運んでくれるのでとてもありがたいです。

どちらのサービスも、お金がかからないので手軽に出来ますので、是非ともお試しください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る