資源ゴミは生まれ変わる

資源ゴミは回収した後、何にリサイクルされるのか

リサイクルされて何に変わる?

紙類はこんなものになる

ではまず、資源ゴミとして出された新聞紙などの紙類はどんなものにリサイクルされていくでしょうか。

答えは、「同じ紙類としてリサイクルされる」です。

その種類はというと、新しい新聞紙や雑誌類、ダンボールやコピー用紙などだいたいがリサイクル前と同じ種類のものになるということが多いです。
現にそういう触れ込みで売っている紙類もあります。
ですが、中には紙類は紙類でもまた一味違うものへと変貌するというパターンもあり得ます。
それは、トイレットペーパーやティッシュペーパーという私たちの生活には欠かせない必需品たちです。
確かに同じ紙類でもありますしね。
今、あなたが手にしている紙類も、もしかしたらリサイクルを経てその場に届いたものかもしれませんね。

他にもこんな品に変わる

だとしたら、他の資源ゴミたちがどうなんでしょうか。
代表的な資源ゴミのリサイクル後の一例を挙げていきましょう。

例えば、ペットボトル類でしたら、さまざまな繊維類やいろんなシート類、またはゴミ袋や同じペットボトル類に生まれ変わります。
発泡スチロール類の場合だと、同じ発泡スチロールはもちろん、ここ最近多いのがシャーペンや消しゴム、物差しなどの文具類に変貌していくということです。

昔からリサイクルの代表格とも言われていた缶類は、自動車を作る際に必要はたくさんの部品やパーツ、さらには多くの家電類や機械類にも使われていってます。
そして、一番意外かもしれないのが生ゴミです。
どうなるのかと言うと、植物や作物を育てるのに必要な肥料類になっていくのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る